忍者ブログ
巣立つ直前・・そう長くは一緒に暮らせない息子たちとの、会話中心の日記です。
HOME[PR]未選択先輩
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今週の日曜日、
埼玉県に住む先輩が札幌を訪れると言う。
私が18歳で働き始めた時、21歳だった先輩。
とても厳しい人だったので、
後輩たちは皆、彼女を嫌っていた。

でも私は何故か、とても可愛がられてたので
嫌いどころか、大好きな先輩だった。
お互い、子供が出来て仕事を辞めてからも
お付き合いはずっと続き、今に至っているのだ。

その先輩が突然、
『札幌に一人で行くんだけど会えたらいいなぁ』
と弱気なメールをしてきた。
『絶対に会わなきゃダメですよ!』
と強引なメールを出した私は
日曜日、空港に迎えに行き
札幌で夕飯をご一緒させてもらう事になった。

実は彼女、昨年、離婚をしたのだ。
旦那さんもとても良い人で
働いてる時には、彼女を嫌う後輩たちを
羨ましがらせるだけ羨ましがらせた程の
良い男だったのだ。

それが、昨年春、
離婚に際しての相談を受けた時には
我が耳を疑った。

旦那さんは、彼女が1人目を妊娠した頃から暴力的になり、
身重の彼女に殴る蹴るを繰り返していたと言う。
普段は穏やかな人なのに、何かをキッカケに
豹変してしまう彼に恐怖を覚えながらも
いつか必ず、良い父親になってくれるはず と信じて
2人の子供を産んだ彼女。

しかし、事態は更に悪化するばかりで、
子供達にまで手をあげるようになった旦那さん。

彼女は2人目の子供が小学校に入った頃から
子供達が高校を卒業するまではと
ひたすらガマンをし、離婚計画を立てていたらしい。

そして昨年春、晴れて離婚となった訳である。

誰にも言えなかった旦那さんの暴力に
ただひたすらガマンするしかなかった先輩を思うと
涙が出て、止まらなかった。

子供達にも後押しされて、離婚に至ったその経緯は
我々が想像を絶するものだったらしい。

そんな話を泣きながらした2人だから
絶対、今回の再会は果たさなければならないと思った。

札幌で美味しい物を食べさせて、
日頃の労を労ってあげたいと、心から思っている。

ただ心配なのは、何十年と会っていない2人だから
空港に迎えに行っても分かるかどーか。
彼女の方が年上なだけに
その事を異常に心配している。

だけど私は思う。

それが自分の生きてきた証だし、年老いた事を恥じる事はない。
だって私たち、
本当に若い時から一生懸命旦那様に尽くして
子供たちの為に生きてきたんだもの。

自信を持って、会いに来て欲しいし、
会いに行くつもりである。
PR
この記事にお返事する
お名前
お題
お色
お手紙
住所
お返事
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
宛先:管理人  
この記事へのとらっくばっく
とらっくばっく住所:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
プリンペラン
性別:
女性
最新記事
(01/29)
(01/24)
(12/14)
(12/11)
(11/30)
(11/09)
(11/09)
最新CM
(01/29)
(11/06)
(10/10)
(09/11)
(09/10)
(12/06)
最新TB
ブログ内検索
バーコード
Copyright(c)  プリンペラン  All Rights Reserved.
Material みるくきゃっと  Template かすぶろ  忍者ブログ [PR]