忍者ブログ
巣立つ直前・・そう長くは一緒に暮らせない息子たちとの、会話中心の日記です。
HOME長男の記事
[2018/10/17] [PR] (No.)
[2010/05/06] ガラスのハート (No.99)
[2006/08/12] 生まれ変わったら・・・ (No.32)
[2006/08/01] 長男へのラブレター (No.29)
[2006/07/20] 仲間入り? (No.25)
[2006/07/05] ・・・ったく、もう! (No.18)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


せっかく彼女ができた長男だったが

このGWに突然の別れがやってきた



ガラスの心を持つ長男は1人で居るのが辛いらしく

ずっと私に話し相手を求めてきた。


お陰で私は忙しいGWとなった。



まぁ、振られたわけだが

最後の腹いせに彼女はこんなメールをしてきたらしい。



「マザコン直せば~~か








そう、我が息子たちは究極のマザコンである・・・・


あ~あ



PR
長男とTVを見ていた。

百獣の王ライオンとトラはどちらが強いのか・・・

真の百獣の王を決める・・

なんて番組だった。


それを見ていた長男が私にこう言った。

「お母さんは生まれ変わったら何になりたい?」

「また、人間かな~」

「人間・・?つまらんなぁ」


「僕は中学時代からずっとライオンになりたいと思ってたよ」

しかも、オスじゃないとダメだと言っている。

これには真面目な・・しかも呆れた理由があった。


ライオンのオスはずっと寝ていられるから。

狩りはメスがしてくれるし、

オスは一生楽して暮らしていけるから。

それに百獣の王として

周りに一目置かれているし・・。


呆れたものである。

そんな理由で、中学時代から

ライオンに憧れていたなんて

怠け者の長男らしい。


しかも、その番組でも

ライオンが真の百獣の王だと断定してしまったから

尚更である。


私に言わせれば

真の怠け者は「アンタだよ」と

太鼓判を押してやりたい気分であった。


ちなみに、後日次男に聞いたら

「また人間かなぁ~」

そんな私と同じ答えが返ってきた。

う~む・・

確かに平凡でもあるし

つまらないと言えばつまらない。


そう考えると長男はホント

変わり者の個性派ではあるかな・・・。


あと2週間もしたら
お盆休みで主人が帰ってくる。

主人の部屋だったところを
今は長男が使っているので見るも無残な状態。

そこで、せめて寝る場所だけでも確保せねば・・・と
長男も次男もいない今晩、
私は部屋の片付けを始めた。


封筒にも入っていない折りたたんだだけの
便箋がいくつか、出てきた。

それが、
まさか長男へ宛てたラブレターだとも知らず
私は見てしまった。


遠距離恋愛をしていた長男へ宛てた手紙。
彼女の苦しみ、辛さ、そして長男への愛情が
ビッシリ詰まった手紙だった。

彼女はバツイチで子連れの、
長男より少しお姉さんだった。


二人で必死に生きている頑張り屋の彼女を
私も応援していた。

周りは賛否両論・・・。
わざわざ、子連れの人じゃなくても・・・なんて。

でも、私は長男の愛した人を信じていた。
だって、好きな人と一緒に居ることが
どんなに難しく、そして、幸せなことか
私はイヤと言うほど知っているから・・・。

しかし、やっぱり、
まだまだ子供だった長男には、荷が重かったか・・・
相手を思いやるどころか
自分を可愛がりすぎたみたいで
結局は、彼女にフラれることになる。

自暴自棄になって
都会から戻ってきた長男も
今は何とか元気にしているが、
これほど愛し合ってた二人だったんだから
まだ、傷は完全に癒えてないだろう・・


片付けも手につかなくなるぐらい
私まで落ち込んでしまった。

自分に元気をくれる存在、
自分の存在で元気になってくれる相手、
とても貴重な恋の相手である。

かつて私にもそんな存在の人がいたっけ。
私のスーパーマン・・・
私だけのスーパーマン・・・

でも、
私も彼にフラれて終わった恋だった。


頑張るしかないんだ!長男よ。

今、ここの地域では
「悲しき恋歌」と言う
韓国ドラマの再放送をやっている。

いつも仕事場でかかっているのだけれど
まともに見たことはなかった。

それが海の日の月曜日・・
休みだったので家でゆっくりと
そしてじっくりと
ついつい入り込んで見てしまった

「冬のソナタ」とやらも
興味がなく1度も見たことがなかったのに
思いもよらず
このドラマにハマってしまった

さぁて
そうなったらもう、大変!

翌日の火曜日からはドラマが気になって
仕事が手につかない・・・

考えたあげく
水曜日の昨日は録画予約という手段に出た。

昨夜、またまた一人で寝る前にじっくり見て
感涙・・・
そして今日も録画してある。
まだ見てないのだが、
後でゆっくり見ることにする。


そんな私の行動をみて
長男が

『あ~あ、とうとう我が家にも
韓国かぶれが出来たかぁ

『オバサンの仲間入りだねぇ~』

・・・と人を馬鹿にしている。

仕方ないしょ
だって、オバサンなんだから!!



本当にこの長男ときたら
全く母親の言うことを聞かない

ご幼少(!?)の頃は、母親は【鬼】だと言って
怖れおののいてたのに・・・

私もバカにされたもんだわ

今、長男はオンラインゲームとやらに
ハマってるのだが、のべつ幕なしやっているので
「お母さんが仕事から帰ってくる頃には
止めておきなさい!」
と何度も言ってきた。

家の手伝い一つする訳でもなし
ご飯を食べる訳でもなし
ただひたすらゲーム三昧である。

そんな家族への配慮のない態度には
ほとほと呆れるばかりである。

また・・・、
昨日、上司から、メロンを頂いたので
子供たちが食べやすいように
カットして冷蔵庫に入れておいた。
だが、二人とも全く食べようとしない。

我が家は、私をはじめ子供たちも
あんまり果物を喜ばないのである。
それは、まぁ、いいのだが、
長男が言った一言に驚いた。

「どうせ、もらった物なんでしょ」
「買ったものなら、腐らしちゃもったいないけど
もらい物なら、いいじゃん!」

はぁ~~~~!?
なんじゃ、その考えは・・・・

相手は自分たちが食べずに
我が家にくれているのに
「もらいものなんだから・・・」
って、その考えが気に入らない

どうして、そんな思いやりのない
情けない人間になってしまったのだろう。
真剣に考えてしまった・・・

もう少し、人を思いやれる人間に
なって欲しいと思うのは
母親としてだけではなく
一人の人間としての思いである。

人間形成って、難しいものである。



カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
プリンペラン
性別:
女性
最新記事
(01/29)
(01/24)
(12/14)
(12/11)
(11/30)
(11/09)
(11/09)
最新CM
(01/29)
(11/06)
(10/10)
(09/11)
(09/10)
(12/06)
最新TB
ブログ内検索
バーコード
Copyright(c)  プリンペラン  All Rights Reserved.
Material みるくきゃっと  Template かすぶろ  忍者ブログ [PR]