忍者ブログ
巣立つ直前・・そう長くは一緒に暮らせない息子たちとの、会話中心の日記です。
HOME[PR]未選択夏の恐怖体験
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨夜、愛犬ちゃんと散歩に行った時のこと。

40分程歩いて、もうじき家だ と言う場所で
ふと耳に入ってきた鈴の音。

良く考えてみると、この鈴の音は
今始まったのでは、少し前から鳴っていた気がする。

考え事をしてたので
ハッキリ耳に入ってた訳ではないが
間違いなく、少し前から鳴っていた。

気にしながら歩いて行くと
鈴の音がいつからか2つになっている。

その日の散歩コースには大きな墓場があり
そこの前を通ってきたのが、やたら気になっていた。

振り向き振り向き歩いても
何の影もない!

いよいよ怖くなり
『走ろうかっ!』
と口に出した途端‥

『ギャーっ』

叫び声と共にヤブの中から猫が2匹。

もちろん私の叫び声ではなく
2匹の猫たちが、掛け声でもかけ合って、
敵に挑むが如く
勢い良くこっちに突進してきたのだ。

私の存在は少しも気にしてない様子で
ただただ
愛犬ちゃんに向かって走ってきた。

夜の闇に、ネコの光る目がすごく怖くて、
私の方が
『殺される!』と思ってしまった。

猫たちは立ち止まる事もなく
我が愛犬ちゃんに襲いかかってきた。

小さい体で、2匹の敵に
ヒルムことなく向かって行った愛犬ちゃんを見て
私は我にカエった。

『私が助けなきゃ、愛犬ちゃんがケガをしてしまう』

人間+ミニチュアダックスと
ネコ2匹の戦いは、こうして幕を切って落とされた。

人間が向かっていっても少しも動じないネコたち。
逃げようとする私たちを追いかけてくるんだから始末に終えない。
しかも背中を丸め、戦闘態勢を緩めようとはしないのだ。

こうなったら、人間の怖さを知らさなければ‥
そんな責任感から、ただひたすらネコに向かって行った。
もうネコたちを傷つけてもいいや との思いに駆られた瞬間
無事にネコたちは、逃げ帰ってしまった。


しかし
良く考えたら、あのネコたち‥鈴をつけた飼い猫だって事?
まぁ、なんと凶暴なネコたちなんだろう。

飼い主の顔が見てみたいものである。

それにしても、私って
『弱っ!』
PR
この記事にお返事する
お名前
お題
お色
お手紙
住所
お返事
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
宛先:管理人  
この記事へのとらっくばっく
とらっくばっく住所:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
プリンペラン
性別:
女性
最新記事
(01/29)
(01/24)
(12/14)
(12/11)
(11/30)
(11/09)
(11/09)
最新CM
(01/29)
(11/06)
(10/10)
(09/11)
(09/10)
(12/06)
最新TB
ブログ内検索
バーコード
Copyright(c)  プリンペラン  All Rights Reserved.
Material みるくきゃっと  Template かすぶろ  忍者ブログ [PR]