忍者ブログ
巣立つ直前・・そう長くは一緒に暮らせない息子たちとの、会話中心の日記です。
HOME[PR]未選択知らなかった‥
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、長男はブログを始めた。
人に勧められての事だったんだが、
私にも「読んでくれ」と言うので、
1、2回だが読んでみた。

いやぁ、これが、親の口から言うのも何なんだが、
的を得た文章と、ユーモアセンス‥
歌唱力に続いて、また長男に敗北した自分を感じた。

大きく成長したもんだなぁ~と嬉しい反面、
そうやってどんどん越されて行く寂しさ‥
自分の老いや限界を感じて虚しくなる時もある。


そんな矢先の今日、久々に長男のブログを開いた。

目が止まったのはプロフィール欄だった。

【僕は、いつも明るく、案外、人とうまく接して行ける方。
‥と言うより、長い時間かかって、そうなったって感じ。
昔はイジメラレっ子だった。
そこから脱するには、誰とでも話しが出来なければならなかった。
そのお陰で、今はこんなに明るく、誰とでも話が出来、接客業が出来るまでになったのだ】
みたいに書いてあった。

知らなかった‥。

20歳であの子を生み、恥ずかしくない子に育てる為に、
それはそれは厳しく躾をしてきた。

引越ばかりの生活に、母親である私自身の精神の均衡を保つのが本当に精一杯だったから、
あの子の転校での苦しみを感じてあげられなかったみたいだ。


イジメられてた‥


今、こうしてイジメで自殺する子供達が多い中、
良く、我が子は生きていてくれた。
そして、強く生きて行くための知恵を絞り
今まで頑張ってきたんだなぁ と思った。


仕事はしているが、生活面ではまだまだ親のスネをかじってる我が子に
初めて本気で
【ごめんね】と詫びた。

‥と言っても、本人には言ってないのだが。


今、こうしている時間にも 命を絶とうとしている子供達に
こんな親の気持ちを知ってもらいたい。

いくつになっても、我が子は我が子。

守るのは、親である自分たちしかいないと
心からそう思っている。

そう、私がその責任を感じたのは、出産の翌日だったかな。

おっぱいに吸いつく我が子を見て
『この子にはもう、私しかいないんだ』と強く思った。

だから‥
だから‥‥
生きていて欲しい。

我が子も含めて、

強く逞しく、そして賢く、
だけど、慌てずのんびりと、
生きて行ってほしい。
PR
この記事にお返事する
お名前
お題
お色
お手紙
住所
お返事
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
宛先:管理人  
この記事へのとらっくばっく
とらっくばっく住所:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
プリンペラン
性別:
女性
最新記事
(01/29)
(01/24)
(12/14)
(12/11)
(11/30)
(11/09)
(11/09)
最新CM
(01/29)
(11/06)
(10/10)
(09/11)
(09/10)
(12/06)
最新TB
ブログ内検索
バーコード
Copyright(c)  プリンペラン  All Rights Reserved.
Material みるくきゃっと  Template かすぶろ  忍者ブログ [PR]